のどかな田園と海のある街|素晴らしい不動産物件を利用するためにやるべきこと

素晴らしい不動産物件を利用するためにやるべきこと

のどかな田園と海のある街

部屋

子供もお年寄りも暮らせる

神奈川県は海に接した県です。三浦半島を境にして東部は東京湾に、西部は相模湾に面しています。貿易港として発展しているのは東京湾に面した地域であり、神奈川県だけでなく日本の経済を支える重要な場所です。一方、相模湾に面した地域は漁港が多く、マリンスポーツも盛んです。海に面している市町村はいくつかありますが、茅ヶ崎市もその一つです。茅ヶ崎市の海岸沿いには遊歩道が整備されており、晴れた日にはゆったりと散歩を楽しむ人々の姿が見られます。また冬であってもサーフボードを手に浜を目指す人も目立ちます。茅ヶ崎市には幅広い世代が住んでいるため、不動産に対するニーズは様々です。海岸に近い立地では、戸建て住宅だけでなく単身世帯向けの不動産が人気です。

周囲の環境重視で選ぶ

茅ヶ崎市の魅力は海だけではありません。茅ヶ崎市は県内を南北に流れる相模川にも沿っているので、海岸から離れた地域でも水遊びが楽しめます。田畑も多く残されており、のどかな土地柄です。不動産においても土地の広さに余裕を持たせた区画が多く、気に入った建売住宅を購入するだけでなく、ハウスメーカーに注文してこだわりの家を建てるオーナーに好まれている地域です。もし広いスペースを確保したいのであれば、鉄道駅から離れた立地の物件を探すことです。一般的に鉄道駅から離れると不動産価格は下がる傾向にあります。茅ヶ崎市内には現在2つの鉄道駅しかありませんので、難しい条件ではないのです。自家用車の所有を検討しているのであれば、駅からの距離よりも周囲の住環境を気にした方がよいでしょう。